YouTube Liveの配信方法について

動画共有サイトであるYouTubeでは、ユーザーがそれぞれオリジナル性のある動画などをアップロードして世界中の人々に動画を公開することが出来るサービスとして知られています。
YouTubeにはLiveと呼ばれるサービスがあり、イベントや記念日などにライブ放送を配信したり、現在行われているコンサートを中継したりといったことが出来ます。
つまり、テレビ番組のようなことを多くの人々が行えるサービスです。
ライブの使い方は、動画の管理ページにあるライトイベントの作成ボタンを押してライブイベントのタイトルや説明などを記述して、パソコンに専用のソフトウェアを入れてライブ放送が出来る状態にします。
ライブでは様々な使用方法が考えられます。
実況中継を行ったり、コンサートの模様を中継したり、討論番組を作ったり出来ます。
ライブストリームで字幕を有効にすると、生中継中に字幕を表示させることが可能になります。
手軽にテレビ番組のような中継画面を作ることがYouTubeライブの魅力です。
ノートパソコンにWebカメラを装着すると、外出先での撮影が可能になり、機動性を活かした番組作りを行なうことが可能です。
機材やエンコーダーに良い物を選択すれば、高画質な映像作品を公開することが出来ます。

YouTubeなどの動画サイトの配信に興味ありませんか

最新記事